ビジネス英語がビジネス英語といわれる所以。

ビジネス英語とはなんでしょう。文字通りビジネスに使われる英語です。なぜ普通の「英語」と呼ばれないのでしょうか。

当然ながらビジネス英語と日常会話で使うような普通の英語とは違うからです。ビジネスマンにとって普通の英語とビジネス英語をしっかり分けて考えなければなりません。これは日本語でも同じことが言えます。例えば「あの紙取って」という文章を日常会話で使えばなんとなく話者がどの紙を示しているのか理解が出来ます。

しかし、オフィスで「あの紙取って」と言われたらどうでしょう。契約書なのか経費精算紙なのかコピー用紙なのかメモ帳なのか会議用ミーティング資料なのか何を指しているのかわかりません。これは英語でも同じで「paper」といっても「document」なのか「contract」なのか「sheet」なのか「note」なのかわかりません。

ビジネス英語の場合には日常会話で使えるようなあやふやなニュアンスが聞き取れない場合があります。仮に伝わったとしても期待しているような返答が返ってくることは難しいでしょう。このようにたくさんのビジネス英語なる本が出版されているので、しっかり分けて勉強する必要があります。