英語教育の難しさとその方法について考えます

英語教育はとても難しいと言えます。どれだけ丁寧に教えても、相手が理解をしてくれるということは難しいです。英語を理解するための道はある程度は決まっています。まずは単語を知っていないといけません。そうでなければ文章を理解することが出来ません。英単語をおぼえるということは時間がかかるものですが、必ず理解をすることが出来ます。要するに続けることが大切ですね。毎日10分でもいいので1年位単語学習を続ければ良いのです。

これだけで英語学習が完了すれば簡単なのですが、実際はそうは行きません。それは何故かと言うと意味のある単語を集めただけでは英語の文章を作ることが出来ないからです。その後には文法という難しい分野の学習が必要になります。これは比較的短時間で基礎を身につけることは出来ます。ここまで出来てやっと英語を読むことが出来るようになります。英語を理解して楽しめるようになるまでには時間がかかるので、途中で嫌になってしまうことが多いのです。

このあとはリスニングをしたり、英会話や英作文等をする事になります。英語に関する学習は種類が多く、それらを全て身につけるためにはかなりの苦労が必要です。ですから、英語教育を施す場合は教育者は少し工夫をする必要があります。

例えば英語の歌を一緒に歌ってみたり、英語の絵本を読んで見ることですね。少しでも英語に興味を持ってもらうということが大切であり、難しいことはその後にでもやればいいのです。