英語話せないよ!でも何とかなる!

昔から私は道でよく声を掛けられます。

道を尋ねられたり、観光地でカメラのシャッターを押すのを頼まれたり。

とにかく声を掛けられることが多いです。

そしてここ最近、日本に観光にくる外国人が多いせいか、はたまた職場が観光地であるせいか、外国人に道を尋ねられることが多くなってきました。

「●●ホテルはどこ?」とか、「●●駅にはこの電車でいいの?」とか。

確かに、見知らぬ土地じゃ右も左も分からないですよね。

私もたまに一人旅に行くから、そういう時の心細さや不安がよく分かります。

しかも、みんな結構夜遅くに子供連れで迷子になってたりするから、どうしても放っておけないんです。

よちよち歩きの子供がいるのにホテルにたどり着けないなんて、そんなの助けるしかない!

こういう時、大抵の人は英語と身振りで行き先を伝えようとしてきます。

最近はスマホもあるので、マップを見せて「here」と必死に指さしたり、とにかく一生懸命伝えようとしてくれます。

なので、英語は聞くのも話すのも、もちろん書くのも読むのも苦手な私ですが、なんとなく理解できます。

しかし、一番の問題は、相手の行きたい場所が分かった時に、私自身がどう伝えるか、です。

正直、「この道をまっすぐ」という英語の言い回しが分からず、「ディス ストリート まっすぐ!」と言ってしまうレベルです。

ちゃんと大学受験までしたのに情けない…。

仕方ないので、片言の英語っぽいカタカナ語と、身振りで何とか教えてあげます。

「階段を下りる」なんて、もはやパントマイムです。

正直、往来でやってて恥ずかしいこともあります。

でも、せっかく日本に来てくれたのに、「誰も助けてくれない、冷たい国だった」と思われたくないんです。

きっと日本での旅行を楽しみにしてきてくれたのだから、ちゃんと楽しんで、明るい気持ちで過ごして欲しいと思うんです。

私の使う英語もどきのカタカナ語がどれくらいお粗末でも、何とか伝わるのも嬉しかったりします。

急に外国人に声を掛けられるのはビックリするけど、昔みたいに怖くはなくなってきた今日この頃です。