子供に英会話をさせてよかったなぁと思ったこと

まず、子供に英会話をさせる前に思ったことは、自分が英会話ができないということでした。

自分ができないもどかしさと、子供には自由に英語が話せる人になってほしかったという意味から始まりました。最初は通わなくても英会話に親しめればと思い、Disneyの英語システムを利用しました。当時子供の月例は0歳10か月でした。毎日楽しく親子で音楽を聴き、本を開き、踊って歌っていました。何年も続けるうちに子供は日本語より先に英語の単語を覚えていることが多々ありました。

発音ももちろんきれいで子供と一緒に聴いてるうちに自分もなんとなく覚えていき、一度自分が英会話を習ってた時に、外語大出身者が答えられなかった問題にすんなり正解することができました。Disneyの英語システムさんはイベントも多くあり、子供も親である私も楽しみでした。

また、電話でのやり取りもあったので何度か利用させていただきました。子供が幼稚園に入ると友達との遊びの方が楽しくなり、自然とDisneyの英語システムを聴かなくなってしまいました。このまま英会話から離れてしまうのかな?と思っていた頃、子供の方から「英会話を習いたい。英語ではなく話せるようになりたい」と言ってきました。

中学になれば文法などは習うことができるので「英会話をさせたい」と云う私の思いと合致しました。たまたま米国在住20年の方が叔父の友達だったので、マンツーマンで指導していただきました。先生の感想は「子供のころから英会話に親しんでいたおかげで、とても上手に話せる」とのことでした。

おかげで今では米国旅行も苦労なく、年一で遊びに行っています。